冬は空気が乾燥してくるので、それによっ

潤い保湿

肌ケアには潤い保湿やゲル、美容液などの乾燥肌対策は必須!10才若返るスキンケアの極意ってやっぱりアレだった。美容エステサロンやプラセンタ、美魔女的若返りの秘訣についてこんこんと語る!
  • HOME
  • 冬は空気が乾燥してくるので、それによっ

更新日:2017/05/25

冬は空気が乾燥してくるので、それによっ

冬は空気が乾燥してくるので、それによって肌の水分も奪われます。

潤いが奪われて肌が乾燥すると肌のトラブルの元となるのでお手入れが必要です。乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを起こさないためにも保湿と保水を念入りなお手入れを心掛けてください。

乾燥する時期のスキンケアのコツは「乾燥させない」ということが大切です。

個人差はもちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。

この年齢になってくると、なかなか身体の疲れがとれないことを実感しますし、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインが激しく存在アピールを始めるようになります。

38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、適切にケアしてやれば次の日の朝にはちゃんと元気を取り戻していたと思うのですが、38歳になった途端、肌の調子が元にもどるのに、少々時間が必要になってきて、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。

肌荒れ、シワの増加といったことも珍しくなく、顔などに出ると気になるので、悩む女性は多いようです。

プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、出産後に肌トラブルが続く時期は、無添加、低刺激の基礎化粧品を使って保湿を一番に考えたスキンケアを心がけるようにします。

体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。

気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合もたまにあります。

こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアは入念に行うようにしていますが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えて美容オイルも以前から興味があったので使うことにしました。

オイルも種類があって少しはまりそうなのですが手始めにホホバやココナッツを主に使っています。肌のお手入れ真っ最中にちょっとした発見がありました。個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわはできにくくなるのかもしれない、ということなのです。

目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、少し前から炭酸パックを始めてみて、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃からしわがあまり目立たなくなってきたように思います。

炭酸パックが効いたのかどうかはわかりませんが、何かしら因果関係がありそうな気もします。顔に刻み込まれてしまったシワ、なんとかできるならきれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。

ところでシワができる原因は、主に肌の老化であったり、紫外線の影響によります。

紫外線をカットしてシワをできるだけ防ぐために、ちゃんと日焼け止めを塗り、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。

そして、日焼けしてしまったら、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。

さらに、化粧水、美容液などを使ってしっかり保湿をし、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。

こういった日々の積み重ねが、アンチエイジングにつながるわけです。

スキンケアを目的とした化粧品を選ぶにあたっては、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をできるだけ含まれていないことが最も大切です。

保存料などが入っていると肌に刺激を与えやすくてかゆみや赤みをもたらすことがあり、どのようなものが使われているのか、きちんと確認しましょう。また、メジャーだからといって誰にでも合うわけではないので自分の肌にあったものを選びましょう。スキンケアの必要性に疑問を感じている人もいます。

スキンケアは全く行わず肌から湧き上がる保湿力を守っていくいう姿勢です。

でも、メイク後には、化粧落とし無しという訳にもいきません。クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌の乾燥が進んでしまいます。

肌断食を否定はしませんが、足りないと感じたときは、スキンケアを行った方がよいかもしれません。

冬になると寒くなって血のめぐりが悪くなります。

血行が良くないと肌の細胞に満足な栄養を届けることができず、代謝が乱れることになってしまいます。その結果、肌トラブルを起こしてしまうため、血行促進することが大切です。

普段から、血のめぐりが良くなれば、代謝がうまく働き、綺麗な肌をつくるようになります。毛細血管は皮膚のあらゆる部分を網羅し、隅々まで行き届いているのですが、表皮や真皮といった皮膚を構成する全ての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大事な通り道であり、細胞から出た老廃物を運び出す道筋ともなるのです。大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。

そうすると、最末端の微細な毛細血管は狭まって、栄養や酸素が通れなくなります。

酸素も栄養も届きませんから、表皮は弱り、強力なバリアとしての機能は低下しますし、真皮もその機能を落としてしまいます。

結果として肌の弾力や張りは少しずつ消えてしまい、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良さそうです。もしあなたがプラセンタの効き目を高めたいのなら、いつ飲むかを考えることも必要です。最も効くのは、胃に空腹感を感じるような時です。

それに対し、満腹時は吸収率が低下し、仮に摂取しても十分な効果が期待できない場合もあります。また、お休み前に飲むのもいいかと思われます。

人間の身体の機能は眠っている間に治癒が行われるため、お休み前に摂取するのが効果的なのです。煎茶や玉露などの緑茶はカテキン含有量が多いことで知られています。

カテキンは、ビタミンCの減少を防いでビタミンCが体内で有効に働くようにしています。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCの力は欠かせないので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂ることができれば、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることを防ぐことができます。

皮膚をお手入れする時にオリーブオイルを用いる人もいるでしょう。メイク落としにオリーブオイルを塗っているとか、プラスアルファの栄養分として湿布したり、小鼻の毛穴の皮脂づまりを取り除いたりと、それぞれの方法で用いられているみたいですね。

ただし、良いオリーブオイルを塗らなければ、皮膚の状態に何か支障が出ることもあります。

同様に、自分には適合しないなと思った場合もただちに使用を中止してください。

紫外線を同じ時間浴びたとします。

しかし、それによって現れてしまうシミは人によってそれぞれ違いが見られます。

要するに、シミに出やすいタイプの肌が存在しています。詳しくお話ししますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。見分ける方法としては、夏場など、日焼けした時に黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。

スキンケアで忘れてはいけないことは正しい手順で洗顔を行うことです。してはいけない洗顔方法とはお肌を傷つけてしまいみずみずしさを失わせてしまう、原因を引き起こします。

お肌をいたわりながら洗う念入りにすすぐ、大切なことを意識して洗う洗顔をするようにこころがけましょう。肌は肝臓の窓だと言えます。

肝臓では、血液を通してつくられた老廃物や毒を代謝・分解し、解毒する働きをしています。

この肝臓の働きがうまくいかないと、有害物質は全身の血管を通して体内に回り、お肌を流れる血液も汚れて、お肌の調子も悪くなります。肝臓に負担をかけないようにしていくことが、お肌の健康美を高めるキーポイントなのです。

適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを相手に与えられるものですが、あまり日焼けすると、シミの原因にもなるという悩ましい一面があります。

シミができるのが嫌なら、極力日焼けをしないようにするしかありません。

シミ予防のポイントといえば、日焼け止めを丁寧に塗布すること、また、おうちに帰ったらすぐさま日焼けの後用のローションなどを使ってお肌が炎症を起こすのを軽減させましょう。正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、方法を変えなければなりません。ずっと同じやり方で、お肌をお手入れすれば大丈夫ということはないのです。特に保湿をする必要があるのは乾燥したお肌だったり、刺激の弱いケアを生理前にはおこない、強い刺激を避けるというように分けておこなっていかなくてはならないのです。また、四季の変化にもあうように方法を使い分けることもお肌のためなのです。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。この模様、キメが美しい肌というのは皮丘大きさの違いがあまりなく整然とよく揃っています。

ところが、皮膚のバリアの役目を担う表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。

表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。真皮がダメージを受けてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台ですから、土台が損傷を受けることで肌は支えを失い、表面にはシワができます。皮膚にできたシミを気にしている人も少なからずいるはずです。

お肌のシミを目立たなくするのに効き目があるという食物の一つに挙げておきたいのがハチミツです。

はちみつの含む成分により染みついてしまった色素を薄くする効き目が期待でき、肌トラブルであるシミやそばかすなどを目立たなくしてくれるのです。

シミにお悩みの方ははちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。

シミのない美肌をつくリ出すためにおすすめの食べものです。

みかんを食べるときに、気をつけて欲しいことがあります。

朝からたくさん食べた後、強い紫外線を浴びると、ソラレンという柑橘類に多い成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、お肌のためには逆効果になってしまいます。美肌やシミ予防を考えて、紫外線を浴びない夜に食べましょう。

シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、日光をあびることによりできてしまうことが多いですが、時には病気が原因として考えられることもあるでしょう。

もしも、突然顔のシミが多いと感じるようなら、疾患が起る前であったり、また、病気が進んでいる状態かもしれませんから、できればすぐに病院で相談する必要があります。お肌のケアをオールインワン化粧品で済ませている方も大勢います。

実際、オールインワン化粧品を使用すれば、ぱぱっとお手入れ完了なので、使われる方が増加傾向にあるのもまったくおかしくありません。色んな種類の化粧品でお肌のお手入れをするよりもぐっとお安く済ませられます。

けれども、お肌の質によっては合わないということもありますから、配合成分の中に苦手なものがないか、十分確認してください。

お肌のくすみを引き起こす要因として、過剰な糖分が起こす害を考えましょう。

お菓子など、甘いものをたくさん食べていると化粧や、その他のケアが完璧でも茶色や黄色のくすみが目立つことがあります。コラーゲンの働きが、過剰な糖と結合することで弱められているのではないでしょうか。コラーゲンと糖が結合し、有害な糖化物質になることをコラーゲンが糖化したといいます。

老化を食い止めるためにも、甘いものを食べすぎないようにしてください。お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外線ではありますが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。

ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMなどの効果もあって世間に名を知られた「肝斑」です。

この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが一般的に言われています。

他にも、肝斑はピルの服用によっても発症が促されるということが知られていて、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いという特徴があります。

関連記事 -Related article-

2016 潤い保湿で乾燥肌を防ぐ!10才若返るスキンケアの極意とは? All Rights Reserved.

Page Top