肌のくすみを改善したい方はスキンケアの第一歩である

潤い保湿

肌ケアには潤い保湿やゲル、美容液などの乾燥肌対策は必須!10才若返るスキンケアの極意ってやっぱりアレだった。美容エステサロンやプラセンタ、美魔女的若返りの秘訣についてこんこんと語る!
  • HOME
  • 肌のくすみを改善したい方はスキンケアの第一歩である

更新日:2017/07/27

肌のくすみを改善したい方はスキンケアの第一歩である

肌のくすみを改善したい方はスキンケアの第一歩である洗顔を見直すことが必要かもしれないです。毛穴にたまった角栓がお肌をくすんで見せる原因となります。

生活習慣の乱れなどで正常に肌のターンオーバーが行われなくなると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。

普段の洗顔のポイントとしてあげられるのは、ぬるま湯を使い、肌の保湿成分が配合された洗顔料で泡で撫でるようにして洗ってください。

ピーリング石鹸も週一回ほど取り入れると透明感ある肌へ変わっていくことでしょう。適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを相手に与えられるものですが、褐色の肌になりたくても、シミが多くなるのは避けたくて、どうしようという女性ならではの悩ましい一面があります。肌にシミを作りたくないのであれば、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。

顔にシミが出来ないようにするコツは、日焼け止めを丁寧に塗布すること、また、家に帰ってからはすぐにローションなどを使い、炎症を軽く済ませましょう。

体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、肌の乾燥にはとても気を付けています。

うっかりすると目の周りなどは細かいシワだらけになってしまっているし、乾燥があまりに進み、赤く腫れたようになったこともあります。

こういう時期、スキンケアはお肌の生命線だと思っていますので相当念入りにすることにしていますが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルの使用も始めてみました。

美容オイルも色々種類はありますが手始めにホホバやココナッツを主に使っています。

実際、スキンケア家電が隠れて流行っているんですよ。

自分のスケジュールに合わせて家の中で、美容クリニックに訪れてプロの方にしてもらうフェイシャルコースと同じような美肌を手に入れることができるのですから、チェックを入れる人数が多いのも頷けます。

ところが、わざわざお金を出したというのに面倒くささが先に立って、使う手が滞りがちになってしまうなんてことも。

いち早く購入に走るのではなく、継続して使うことが可能かどうかも調べてみることが大切です。

毛細血管は皮膚のあらゆる部分を網羅し、隅々まで行き届いているのですが、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、細胞からの老廃物を運んでいく通路にもなってます。

たばこを吸うと身体に色々な悪影響があるのですが、毛細血管を収縮させるのもその一つです。

そうすると、最末端の微細な毛細血管は狭まって、栄養や酸素が通れなくなります。

このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、真皮もその機能を落としてしまいます。

結果として肌の弾力や張りは少しずつ消えてしまい、結果としてシワやたるみが増えていきます。喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙をおすすめしたいところです。

よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せずスキンケアを全くしないまま、まだ何のケアしなくても、若いうちは大丈夫と考えている人はいますか?例え20代の肌であっても、お構いなしにシワはできます。

シワが発生する、その主な原因は紫外線による刺激であったり、乾燥による損傷だったりしますが、そのダメージが日々積み重なっていくことが肌への影響を大きくします。ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。肌のシミ対策に有効な飲み物と言えば、ローズヒップティーです。

ハーブティーの中でも有名ですよね。同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えのビタミンCを含んでいて、体の中から退治したいメラニンに効き、その上、お肌のハリにかかせないコラーゲンの生成を盛んにしてくれるため、紫外線で疲れた肌を元気にし、肌に輝きを取り戻してくれるのです。

活性酸素の害からも守ってくれ、肌年齢の若返りに期待できます。

テレビに映っている芸能人の肌って美しくてシミなど見当たりません。

でも、やはり人間は人間ですから、本当のところは、肌トラブルに悩むことだってあるでしょう。

むろん、人目に触れてなんぼの世界なので、普通の人とは比べようのないくらい、その対策には気を使わざるを得ないでしょう。

その方法から学んでみると、あなたのスキンケアがよりよいものになるはずです。

年齢は肌に出ます。

顏はメイクでごまかしも効きますが、肌はそうはいきません。

特にわかりやすいところは目の下で細かいシワもでるしクマも居座るしで、年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。肌の瑞々しさ、張りやツヤが年齢を重ねるに従って失われていくと、肌はしぼんでシワとなります。

顏の部分だけみてみますが、一体どこのシワで多くの人が悩んでいるかというと目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、ちゃんとした順番で使わないと、効果を実感することができません。顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。

肌の補水を行います。

美容液を使う場合は化粧水の後です。

それから乳液、クリームと続きます。

肌の水分を補ってから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。

肌のケアをする方法は状態をみて変えなければなりません。365日全くかわらない方法でお肌のお手入れをしていけば大丈夫ということはないのです。今日は乾燥ぎみかな?と思えばたっぷりと保湿をしてあげたり生理前などの体の状態にもあわせ刺激の強い方法は使わないというように区別することがお肌のためなのです。

また、四季折々に合わせてケアも変化させてあげることでお肌もきっと喜ぶでしょう。

緑が鮮やかな緑茶は、カテキンがとても豊富です。カテキンは、ビタミンCの減少を防いでビタミンCの力を十分発揮させる作用があるのです。

活き活きした白い肌を保つためにビタミンCをしっかり摂取したいので、カテキンとビタミンCの両方を同時に体内にとりこんでいけば、お肌の新陳代謝を活発にし、メラニン色素が沈着することを抑制する効果があります。

肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだということは重々承知の上なのですが、それなのに、ついつい力いっぱいメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。

メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行うのが大事です。

兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、無駄な摩擦を避け、優しく小さな円を描くようなやり方で!というのが理想的なやり方ですが、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。

柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるので新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐために大きく役だってくれます。

みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。紫外線の刺激を受ける前にたくさん食べると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、お肌のためには逆効果になってしまいます。美肌やシミ予防を考えて、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。

たくさんのシミが肌にあると、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。

高齢になっていくにつれて、肌が健康を取り戻すのに時間がかかるようになり、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、肌のケア、特に日焼け対策は怠れません。

基本的な日焼け止めや帽子でなるべく紫外線を浴びないようにし、それとともに、ビタミンCの多い野菜や果物を、できるだけ摂るようにしましょう。

乾燥肌の方で肌のお手入れで忘れてはならないことは十分な保湿です。

さらに、肌に残す皮脂を気にしすぎないというのも重要なことです。

クレンジング・洗顔はスキンケアの基本ですが、だからといって強い製品を使うと必要な皮脂が落ちてしまって乾燥肌の方はさらに乾燥してしまいます。

顔を洗うときのお湯の温度はヒリヒリするような熱さではダメです。やみくもに保湿だけすればいいと思わず、自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばおそらくパックでしょう。

一日の終わりのパックの時間は一息つける時間です。

ところでたまには自家製の即席パックを使ってみるのはいかがでしょうか。

ごく普通のプレーンヨーグルトに小麦粉を入れて、お好みの固さに調整しお肌にのせたら少し休みましょう。

ヨーグルトの成分が美白や保湿などの効果をもたらしおそらくシワにも効果があるでしょう。

ぜひ一度お試しください。

糖質を摂り過ぎるのはちょっと考えてください。砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。

糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、全身で老化を引き起こす糖化生成物に変化するのです。

肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができて黄ぐすみ状態になったり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果を招いてしまいます。

シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、紫外線が大きく関係してできてしまうこともありますが、疾患がきっかけとなる場合もあります。

もし、突発的に目に見えてシミが増えたようであれば、病気の前兆を意味していたり、病気が進行している状態という可能性もあるので、なるべく早めにクリニックで診てもらうことをお勧めします。

法令線やカラスの足跡、などと言いますが、顔のシワは本当に困りもの、消してしまいたい、と思ってしまいます。

そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策を行い、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。

出来るだけ、プラセンタの効果を上昇させたいなら、どんな時に飲むかを考えることも重要です。最もよいのは、空腹の場合です。

それに対して、比べて満腹の時は吸収率が下がり、飲んでもあまり効果を期待できないこともありえます。また、睡眠前に摂取するのもよい方法と考えられます。人間の身体の機能は眠っている間に治癒が行われるため、就眠前に摂取すれば効果も高まるのです。

肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。それに、乾かないようにすることです。

しっかりと汚れを落とせていないと肌に悪影響が生じる原因となります。

また、肌の潤いが失われてしまうことも肌をトラブルから保護する機能を退化させてしまうため、乾燥させないようにしてください。しかし、余計に保湿を行ってもいいことではありません。スキンケア中にふと鏡を見てふとした思いつきがありました。

肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているとしわがあまりできないのではないか、ということです。

年々深まる目の周りのじわやほうれい線が目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれどちょっと前から炭酸パックを試していて、肌の感じが柔らかくなってきた頃にはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。

何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。

毎日使うスキンケア化粧品で重要なのは、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないものを選ぶことを優先しましょう。

保存料などは刺激が強くかゆみ・赤みなどの肌トラブルを引き起こしがちなので、どういった成分が含まれているのか、きちんと確認しましょう。また、メジャーだからといって誰にでも合うわけではないので自分に合ったものを選ぶことが大切です。

個人差はもちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。なにしろ、この年齢になると体の疲れはなかなか消えてくれないし、巨大なクマやほうれい線が激しく存在アピールを始めるようになります。

こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、ケアを施せば次の日、ちゃんと元気を取り戻していたと思うのですが、38歳になって、またそれ以降は肌の調子が元にもどるのに、少々時間が必要になってきて、疲れた状態が続いています。

元気になる日がくるのでしょうか。

関連記事 -Related article-

2016 潤い保湿で乾燥肌を防ぐ!10才若返るスキンケアの極意とは? All Rights Reserved.

Page Top