正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、

潤い保湿

肌ケアには潤い保湿やゲル、美容液などの乾燥肌対策は必須!10才若返るスキンケアの極意ってやっぱりアレだった。美容エステサロンやプラセンタ、美魔女的若返りの秘訣についてこんこんと語る!
  • HOME
  • 正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、

更新日:2017/07/27

正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、

正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、方法を使い分けることが大切です。

ずっと同じやり方で、スキンケアを「お肌のお手入れはできている」と思いおこなえばそれで大丈夫というわけではありません。乾燥していると思ったらたっぷりとうるおいを与えたり、刺激の大きいケアは生理前などの体にも影響がありそうなときは使わないというように分けておこなっていかなくてはならないのです。また、四季折々に合わせてケアも使いわけることもスキンケアには必要なのです。

保水機能が低くなると肌トラブルを起こし易くなってしまうので、ご注意ください。

では、保水機能を上昇させるには、どのような肌のお手入れを試すと良いのでしょうか?保水機能アップに効きめのある肌ケアは、血の流れを良くする、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、上手に洗顔するという3点です。

ここ数年間のことですが、肌のしわのことが気になってきて、仕方がありません。

中でも特に問題視しているのは笑いじわで、目尻にできるアレです。

目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、スキンケアも丁寧に行っていますが、皮膚が薄いということは、乾燥に弱いということでもありますから、クリームを塗り重ねることで、とにかく保湿を一番大事にするようにいつも注意しています。毎日使うスキンケア化粧品で重要なのは、お肌にとって刺激的な成分ができるだけ含まないということが選ぶことを優先しましょう。

保存料のようなものは刺激が強いのでかゆくなったり肌が赤くなったりすることがあるので、成分表示を、充分注意しましょう。CMや値段に惑わされず自分の肌にあったものを選びましょう。

シミを撃退する飲み物というと美肌効果のあるローズヒップティーです。レモンと比べて20倍以上というほどのたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物でくすみ、シミの元を体の内側からなくし、様々な要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミ、そばかすを抑え、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。

強力な抗酸化作用も持っていて、若返りにもいいかもしれません。

「ポリフェノール」は美肌効果をもたらす成分として、注目されています。

抗酸化作用が特徴のひとつに挙げられます。

活性酸素による害から守ってくれて、シミからお肌を守ったり、いつの間にかできていたシミを改善してくれます。効果としては文句なしの強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、効果を発揮できる時間は3、4時間と短いのも事実です。

そのため、こまめに摂取することもシミ対策になりますね。肌のシミの原因は年齢的なものもあったり、紫外線が大きく関係してできてしまうこともありますが、いろいろな病気が原因として考えられることもあるでしょう。

もしも、突然シミが増えた気がするのであれば、何かの病気にかかるのかもしれませんし、すでに病気になっている可能性もありますので、至急、クリニックで現状を伝えてください。

冬になると寒くなって血液がうまく流れなくなります。血行が悪くなってくると肌細胞に十分な栄養が届かず、代謝悪くなってしまい、細胞がうまく働かなくなってしまいます。その結果、肌をいためたり、肌荒れを引き起こしてしまうため、血行促進を心がける必要があります。血のめぐりが改善されれば、新陳代謝が促進され、健康的で、美しい肌をつくれるようになります。

シミを薄くし、美白するための化粧品は、多くのメーカーから発売されています。美白だけでなく、シミを消したいならば、自分のシミは何が原因なのか把握することが必要です。

化粧品が自分のシミに合っていないと、却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。

市販されている外用薬や内服薬を使ったり、美容外科でレーザー治療を受けたりすることもできますが、生活習慣を健康的に整えていくことが美白への最短ルートだと言いきってよいでしょう。

寒くなると湿度が下がるので肌の水分も奪われがちです。

潤いが肌に足りないと肌トラブルの要因となりやすいのでほかの季節よりもしっかりとしたケアが必要です。

乾燥によって起こる肌トラブルを防ぐためにも保湿と保水といったケアをしっかりと行うようにしてください。

冬季の肌のお手入れのポイントは乾燥から肌を守ることが重要です。

最も有名なコラーゲンの効果といえば、美肌に関しての効果です。

コラーゲンをとることで、体内に存在するコラーゲンの新陳代謝の働きを促し、肌の潤いやハリに効果があります。体の中のコラーゲンが不足すると肌の老化へと繋がるので若々しくいるためにも積極的に摂取すべきです。

飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、美肌効果も期待できます。

市販の酒粕をパックとして使うと美白に良いといわれています。

酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて水を少しずつ入れて全体をドロドロにし、ゆるめのペーストを作ります。

小麦粉を適度な固さになるまで混ぜて、全体がなめらかになればパックとして使えます。

もちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。

少し前にガングロが流行りましたが、再度、ブームが起こりそうな気配です。一つの形として浸透し始めた感もありますが、気になってしまうのはお肌のダメージ。

つまり、シミのことになります。大丈夫という人もいるかもしれませんが、ガングロを卒業するとより多くのシミが通常の場合より目につきやすくなると言えるでしょう。皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっています。

喫煙時、吸い込む煙に含まれる化学物質の作用によって、全ての毛細血管は収縮してしまいます。そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、真皮もそれと共に機能を弱めてしまうのです。このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、シワ、たるみが増えるわけです。

喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙をおすすめしたいところです。

メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間が実は肌にとって大変大事な時間だということをご存知でしょうか。お風呂やシャワーの後ですとか洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、いわば、いくらでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。

短いですがとても貴重なこの時間に肌に何もしてあげないのは大変もったいなく思いますし、これ程大事な時間を無駄にするのは、それこそ肌に良くない、と言いたいくらいです。

洗顔を終えたらすぐさま、タオルで水気をさっととって、たっぷりの化粧水で肌のケアを行ってください。

一日最低2リットルの水を飲むことが全身の健康を保ってくれるでしょう。

もちろん、お肌にも水分補給は必要です。

体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。老廃物が分解・代謝されなくなりお肌のくすみやシミが目立ってしまいます。

それだけでなく、肌の乾燥を招くことで、くすみばかりかシワも目立つ結果になるので、水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。お肌にとって意外と危ないのは、過酷な夏が終わってホッと油断している秋口から冬、それと季節の変わり目で、この時期、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。

皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、乾燥が進んで赤みが出たりすることもありました。

こういう時期ですから、大切な肌のためにスキンケアは細心の注意を払って行なっているわけですが、ここ最近は、いつもの化粧水や乳液、クリームの三点セットの他にオイルを試してみています。オイルも調べるとなかなか奥が深くて、追及すると楽しそうですが人気のホホバやココナッツ、オリーブを使ったりもしています。スキンケアにおいては、肌を保湿することや丁寧なマッサージをするといったことが効果があります。しかしながら、体の内部からお肌に働きかけることは同じくらい、いえ、それ以上に大切と言えます。不規則な食事や睡眠、タバコを吸うといった生活をしていると、高い化粧品の効果を引き出せず、肌の状態を悪化させる一方です。食事等の生活習慣を改善することで、肌を体の内部からケアすることができます。かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。

肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これは薄い層の重なりとなっています。

傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていくわけです。

この表皮が薄くなってしまうと、そのすぐ下にある真皮まで損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。

ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、それでシワやたるみが起こるのです。

シワ対策にもいろいろありますが、簡単で人気も高いのはやはりパックでしょうか。その日一日、肌に溜まった疲れを癒すための一息つける時間です。パックを自分で作ってみても楽しいでしょう。作り方はかんたんです。市販されているごく普通のプレーンヨーグルトに固さを調節するための小麦粉を混ぜこみ肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみましょう。

冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますからきっとシワにも効いてくれるはずです。

肌にできてしまったシミが気になっている女性もたくさんいらっしゃる事でしょう。

シミ改善に効果的な食べ物として、ハチミツがあります。

あまり知られていないかもしれませんが、ハチミツの成分には色素沈着したところが目立たなくなる効果があり、肌にできてしまったシミ、そばかすなどを薄くする効果があるのです。

シミが無ければ良いのにとお悩みだったらはちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。

個人差はもちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。

このくらいの年齢になると、本当に身体の疲れがなかなか取れないことを自覚するようになりますし、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線が激しく存在アピールを始めるようになります。38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ケアを施せば次の日、復活を遂げていたはずなのですが、38歳以降にはもう肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。

お肌のお手入れではアンチエイジング効果のある化粧品を使うことにより、老化の象徴であるシワやシミ、たるみなどが目立つのを遅くする効果が得られます。

しかし、どんなにアンチエイジング化粧品を使っても、生活習慣が乱れていれば、肌が老化するのを食い止められずその効果を感じることはできません。

身体の内部からお肌に働きかけることもポイントです。美容成分たっぷりの化粧水、美容液等を使うことで保水力を高めることができます。

スキンケアに使用する際は、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸といった成分が含まれた化粧品がおすすめとなります。

血が流れやすくすることも大切ですので、ストレッチや半身浴、ウォーキングなども行って、血の流れを、改善することが必要です。今、スキンケアにココナッツオイルを使っている女性がどんどん増えています。

化粧水をつける前後のお肌に塗ったり、今使っているスキンケア化粧品に混ぜて使ったりするだけでいいんです。

メイク落としにも利用でき、マッサージオイルとして使っている、という方も。当然、毎日のお食事に加えるだけでも抜群のスキンケア効果を発揮するんです。

ただ、毎日使うものですし、質の良さにはこだわって選びたいですね。

関連記事 -Related article-

2016 潤い保湿で乾燥肌を防ぐ!10才若返るスキンケアの極意とは? All Rights Reserved.

Page Top