スキンケアで特別考えておかないといけないことが

潤い保湿

肌ケアには潤い保湿やゲル、美容液などの乾燥肌対策は必須!10才若返るスキンケアの極意ってやっぱりアレだった。美容エステサロンやプラセンタ、美魔女的若返りの秘訣についてこんこんと語る!
  • HOME
  • スキンケアで特別考えておかないといけないことが

更新日:2017/07/27

スキンケアで特別考えておかないといけないことが

スキンケアで特別考えておかないといけないことがきちんと汚れを落とすことです。

メイク落としをしっかりしないと肌が荒れてしまうかも知れません。

けれど、丁寧すぎるほど丁寧に洗ってしまうと、本来必要な分の皮脂を取りのぞいてしまって、カサつきの肌になってしまいます。それに、洗うと言った作業は適当に行うものでなく、クレンジングを正しく行うようにして下さい。適量のお酒を飲むと、全身の血行がよくなるので、お肌のためにも役に立ちます。

市販の酒粕をパックとして使うとくすみを軽減すると言われています。板状の酒粕を小さくしてボウルに入れ、水を少しずつ入れて全体をドロドロにし、すりつぶして固まりが残らないようにします。

小麦粉を適度な固さになるまで混ぜて、なめらかにして、酒粕パックの完成です。

ただ、酒粕の匂いが苦手な方は止めた方がいいでしょう。くすみが気になる原因としては、過剰な糖分が起こす害を考えましょう。

甘いものをたくさん食べる生活が続くと、お肌の外側からいくらケアしてもお肌が黄ぐすみを起こすことがあります。コラーゲンと糖は結びつきやすく、その結果コラーゲンの働きが弱まっていると考えられます。

コラーゲンと糖が結びつき、老化を進める糖化物質ができることをコラーゲンが糖化したと考えています。

全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意してください。

スキンケアで忘れてはいけないことは正しい手順で洗顔を行うことです。間違った洗顔とはお肌のトラブルの原因となり潤いを保つ力を低下させてしまいます原因をもたらします。

ゴシゴシ洗わずに包むように洗う綺麗にすすぐ、大切なことを意識して洗う顔を洗いましょう。

ここ数年のことですが、特に顔のしわがとても気になり出して、対策に追われています。その中でも一番困りものなのは目尻にできてしまった、笑いじわなのです。

目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、ここのケアは入念に行っているつもりではありますが、この場所は乾燥しやすいこともあって、その対策も必要になりますから、ここはクリームを塗り重ねるようにして使い、保湿にはとにかく気を使うことをこだわっています。

お肌のお手入れにオリーブオイルを利用する人もいるようです。オリーブオイルでお化粧落としをしたり、プラスアルファの栄養分として湿布したり、小鼻の毛穴に残った皮脂を除去したりと、それぞれの方法で用いられているみたいですね。

とは言っても、質の良いオリーブオイルをつけないと、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。そしてまた、少しでも変わったことがあれば即、使用をとりやめるようにしてください。

冬になると冷えて血がうまくめぐらなくなります。

血行が良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝に支障をきたしてしまいます。

それw続けることで、肌トラブルとなってしまうので、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。

血のめぐりが改善されれば、代謝がうまく働き、綺麗な肌をつくるようになります。肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、適度なマッサージをするということも大切です。でも、内側からのスキンケアということが実はもっと重要なのです。生活リズムが不規則だったり、タバコを吸っていたりすると、高価な化粧品を使用していても、肌の状態を良くすることはできません。食事等の生活習慣を改善することで、体の内部からのスキンケアにつながります。

スキンケアは不要と考える方も少なくありません。スキンケアを0にして肌から湧き上がる保湿力を守っていくいう姿勢です。

けれども、メイクをする人はメイクを落とすためにクレンジングが必要になります。もし、クレンジングした後、そのままにしておくと肌の乾燥が進んでしまいます。

ちょっと試しに肌断食をしてみるのもいいかもしれませんが、自分の肌とよく向き合い、ケアするようにしてあげてください。

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は出産前とはホルモンバランスが急激に変わったこともあって、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。肌荒れ、シワの増加といったことも自覚しやすく目立ちますから、悩まされている女性は多くいます。プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えた途端、急にその量を減らし、更にストレスや睡眠不足で肌の大事なバリアの機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもありますので、なるべく低刺激で肌にやさしい無添加製品を使い他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、ホルモンバランスの乱れがお肌にシミをつくる原因の一つであるということはあまり知られていません。

その主な症状の一つであるのが、最近、CMで話題の「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、この患者となりやすいのが妊娠中や出産後の女性であるということが明らかになっています。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるといったことも他のシミとの大きな違いです。煎茶や玉露などの緑茶はカテキン含有量が多いことで知られています。

カテキンによって、ビタミンCの減少が抑えられビタミンCが体内で有効に働くようにしています。お肌のターンオーバーを盛んにし、白いお肌を保つためには有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂ることができれば、表皮にメラニン色素が残り、シミができることを抑える効果を望めます。お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。

そもそもシミとは何なのかに着目すると、表皮に現れたメラニン色素が剥がれ落ちることなく、皮膚に残ってしまったものになります。

お肌のターンオーバーを活性化できれば、多少はシミを薄くできる可能性がありますが、家庭やクリニックでピーリングを行い、古くなった角質を除去すると、さらに効果がアップします。ですが、ピーリングによる過剰なケアはかえってお肌にダメージを与えてしまうことになるでしょう。

もし肌荒れに対処する場合には、セラミドを食事に取り入れてください。

セラミドという物質は角質層における細胞間の水分や油分などを抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。

角質層は何層もの角質細胞から成っていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。皮膚の表面の健康を保持する防護壁のような機能もあるため、必要な量が存在しないと肌の状態が荒れてしまうのです。シミでお困りの女性にぴったりの飲み物はローズヒップティーです。

ハーブティーの中でも有名ですよね。レモンの何十個分ともいわれるビタミンCを摂れる飲み物で内側からのUV対策となり、その上、お肌のハリにかかせないコラーゲンの生成を盛んにしてくれるため、シミやくすみの予防をし、クリアな肌を手に入れられます。抗酸化作用にも優れており、若い肌を取り戻すのにもいいですね。スキンケアといえばオイル!という女性も最近よく耳にします。

普段のスキンケアにホホバオイルやアルガンオイルなどを取り入れることで、ますます保湿力が上がり、乾燥知らずのお肌になるでしょう。

また、オイルの種類により様々な効果が表れますので、自分の肌に合った適度なオイルを探してみてください。さらに言うと、オイルの質が効果を左右しますし、大切なのは新鮮なものを選ぶことです。一日に2リットルの水を飲むと全身の健康を保ってくれるでしょう。お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物や有害物質がお肌にたまって、お肌のくすみやシミが目立ってしまいます。それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、くすみだけでなくシワやほうれい線も増えて目立ってきます。

日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。

乾燥した肌の場合、肌ケアがとても大切になります。

間違った肌の手入れは症状を悪くさせるので正しいやり方を理解しておきましょう。最初に、洗いすぎはタブーです。

皮膚のあぶらが気になるからといって1日に何度も何度も洗顔してしまうと肌が水分を失ってしまいます。反対に皮脂の分泌物が増加してしまうので、朝と夜の2回で足ります。ヒアルロン酸は体内にも含まれるタンパク質と結合しやすい性質の「多糖類」に含まれるゲル状の物質です。とても水分を保持する能力が高いため、化粧品やサプリメントといった商品には、ほぼ間違いなくヒアルロン酸が含まれています。

加齢に従って減少する成分なので、可能な限り、摂取するようにしましょう。

プラセンタの働きを高めたいのなら、いつ摂取するかも大切です。

ベストなのは、空腹の場合です。

それに対して、比べて満腹の時は吸収率が下がり、飲んでもあまり効果を期待できないこともありえます。

また、お休み前に飲むのもいいでしょう。人間の身体の機能は眠っている間に治癒が行われるため、寝る前に飲むのが効果的です。

ヨーグルトを食べると、乳酸菌はもちろん、ビタミンB、フルーツ酸などを摂取できます。

乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を作ります。

ビタミンBはお肌の新陳代謝を盛んにする作用があります。そして、フルーツ酸には皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助ける役割を持っています。こうした栄養素の働きはシミやくすみのない健康なお肌にする効果を持っています。

シミやくすみ減少に有効な食物です。

紫外線あるいは肌のターンオーバーに支障がある場合、肌のくすみとなって現れるとも言われます。

お肌の不調を本来の調子に戻してくれるものにアロマオイルが例として挙げられます。

中でも新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーを促進する効果のあるネロリ、血液循環の促進に効果のあるゼラニウムは、くすみに最適です。マッサージに利用するのはもちろん、スチームの容器に何滴かたらして使ってみるのもよいかもしれません。肌の調子が戻らない、シワやシミが増えたかも鏡を見ながら考え込むようにしたら、思い切って毎日摂っている食事を見直して、改善できるところを変えてみるのが良さそうです。

食べ物が変わると、それ相応に肌も変わってくるでしょう。そのことで、シワやシミといった肌につきもののトラブルも改善される可能性があります。

私たちの身体は毎日の食事によって保たれていて、意外と短いサイクルで全身の細胞が入れ替わっています。

ですから、食べる物を変えると身体も当然変化します。

身体を根本から変化させる可能性を持つこの方法は、地味ながら確実なアンチエイジングだと言っても良いでしょう。

その効果は、肌にはっきりと表れることでしょう。お肌にできるシミには加齢が原因であったり、紫外線もシミを作る原因の一つですけれど、いろいろな病気が原因として考えられることもあるでしょう。

例えば、急にシミの増え方が気になってきたというのであるなら、何かの病気にかかるのかもしれませんし、また、病気が進んでいる状態かもしれませんから、なるべく早めにクリニックで現状を伝えてください。

身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、表皮、真皮といった組織内のあらゆる細胞に栄養と酸素を送り届けるための輸送路であり、細胞からでる不要の老廃物を排出するためのパイプでもあります。喫煙時、吸い込む煙に含まれる化学物質の作用によって、全ての毛細血管は収縮してしまいます。そうすると、最末端の微細な毛細血管は狭まって、栄養や酸素が通れなくなります。

表皮に栄養がいかなくなれば、表皮は当然弱くなり、本来持っているバリアとしての役割が果たせなくなり、表皮が弱ると、真皮の力も弱まります。こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、結果としてシワやたるみが増えていきます。こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良さそうです。

関連記事 -Related article-

2016 潤い保湿で乾燥肌を防ぐ!10才若返るスキンケアの極意とは? All Rights Reserved.

Page Top