お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方

潤い保湿

肌ケアには潤い保湿やゲル、美容液などの乾燥肌対策は必須!10才若返るスキンケアの極意ってやっぱりアレだった。美容エステサロンやプラセンタ、美魔女的若返りの秘訣についてこんこんと語る!
  • HOME
  • お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方

更新日:2017/07/27

お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方

お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方も少なくありません。

オリーブオイルでメイクを落としたり、顔を覆うようにつけてしばらく置いたり、よく小鼻に溜まりやすい皮脂の汚れをきれいに落としたりと、自分なりの使い方がされているようです。そうは言っても、良質なオリーブオイルをつけないと、肌が困った状態になることもあるのです。

同様に、自分には適合しないなと思った場合も即、使用をとりやめるようにしてください。

スキンケア、正しい順番で使っていますか?もしその順番が間違っているなら、効果をほとんど得ることができなくなります。

顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。肌に水分を与えることができます。

肌のお手入れの際に美容液を使うタイミングは基本である化粧水の次に使いましょう。

最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、肌にしっかり水分を与えてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。

適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを相手に与えられるものですが、肌を焼きたいけどシミができるのは嫌と考える女性も多いでしょう。もし、シミとは無縁でいたいなら、出来るだけ日焼け予防をするしかないですね。これ以上シミを増やさないために重要な事は、日焼け止めをきちんと塗ること、また、家に帰ってからはすぐにローションなどを使い、肌が炎症を起こす前にケアすることです。

スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。

毎日のスキンケアを全くはぶいて肌そのものが持つ保湿力を持続させて行く考えです。

でも、メイクをした後はクレンジングは必須ですし、化粧落としの後、肌を無防備にしておくと肌の水分は奪われていきます。ちょっと試しに肌断食をしてみるのもいいかもしれませんが、必要があれば、肌のお手入れをするようにしてください。出産を終えても当分の間、女性の身体は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、様々なトラブルに見舞われます。

中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産を終えると急激に減ってしまって、更にストレスや睡眠不足で肌の大事なバリアの機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。

そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用してとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。とはいえ、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。

35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミが見え始め、見るたびに増えているような気がします。

私の場合は原因がはっきりしていて、無防備な日焼けのせいです。

出産後、歩けるようになった子供と、雨降りの日以外は毎日仲良く近所の公園で太陽の下、思い切り遊びます。

身支度はもちろん、子供が最優先です。

まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でそのまま出かけてしまっていました。

ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。

ポケットに入れてでも持っていくことにします。若い人の場合、なかなか自分の肌に危機感を持つことは難しいと思われますが肌のケアをほぼ放棄して、若いうちは何もしなくても大丈夫、なんて思ってはいませんか?意外かもしれませんが、20代の肌にも条件が揃えばシワはできます。シワが発生する、その主な原因は肌が受けてしまう、紫外線や乾燥などによる損傷なのですが、とりわけ、それらが日々積み重ねられていくというのが肌にゆっくり少しずつ、影響を与えていきます。ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、できれば20代から毎日のスキンケアを積み重ねてほしいと思います。スキンケア中にふと鏡を見てちょっとした発見がありました。充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわはできにくのかも、ということなのですが、いかがでしょうか。目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかがどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、なんとなくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりから以前とても気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。

炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。

お肌のお手入れをオールインワン化粧品にしている人も非常に多いです。

オールインワン化粧品を使うことにより、さっと済ませることができるので、日常的に使われる方が増えるのも当然であると言えましょう。

色んな種類の化粧品でお肌のお手入れをするよりもお金がかからず、非常に魅力的です。しかし、当然効果には個人差がありますので、配合成分の中に苦手なものがないか、十分確認してください。お肌のお手入れでは肌の酸化防止効果のある化粧品を使うことにより、老化の象徴であるシワやシミ、たるみなどが目立つのを遅くする効果が得られます。でも、アンチエイジング化粧品をどれだけ使用していたところで、生活習慣が乱れていれば、老化現象のほうが早く進み、あまり効果はわからないでしょう。

身体の内部からお肌に働きかけることもポイントです。

一日に2リットルの水を飲むと健康に役立ちます。

お肌の内側からも、水分を補給しなければなりません。

体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。老廃物や有害物質がたまることでシミやくすみを悪化させてしまいます。

また、水分不足は乾燥肌の原因となり、お顔にシワやほうれい線も目立ってしまいます。

特に女性は水分不足に注意してください。

ヒアルロン酸は人体にも含有されているタンパク質との結合性が高い「多糖類」と言われるゲルみたいな成分です。とても保湿力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、大体、間違いなくヒアルロン酸が入っています。加齢に従って減少する成分なので、積極的に補うことをお勧めします。

冬が来ると冷えて血液がうまく流れなくなります。

血行が悪くなってくると肌の細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝に支障をきたしてしまいます。

それw続けることで、肌トラブルとなってしまうので、血行促進を心がける必要があります。

血行が良くなれば、新陳代謝が促進され、健康的な肌がつくりやすくなります。多くのメーカーから、美白化粧品が売り出されています。

シミがある方の場合、まず、シミの原因は何かを知ることが大切です。自分のシミに効き目がある化粧品を選ばないと、却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。

美容外科で、レーザー治療などの本格的な治療を受けることもできますが、その前に生活習慣を見直すことがシミのない白い肌への最初の一歩だと言いきってよいでしょう。

スイーツに目がないという方は要注意です。

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。

体内で糖分がタンパク質と反応し、全身の老化を早める糖化生成物に変化するのです。

真皮でコラーゲンが糖と反応すると、いわゆる黄ぐすみになったり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になることもあるのです。顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。この年齢になってくると、なかなか身体の疲れがとれないことを実感しますし、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインがなんだか急に顔の中で目立つ存在になってきたように思えます。

38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝には疲れがとれていたと思います。

でも、38歳になった途端、元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、疲れた状態が続いています。

元気になる日がくるのでしょうか。

お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。

肝臓には多くの血液が流れており、体内で産生された物質を代謝や分解して、解毒する働きをしています。この肝臓の働きがうまくいかないと、有害物質は全身の血管を通して体内に回り、お肌にたまると肌荒れやくすみの原因となります。

肝臓に負担をかけないようにしていくことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づくキーポイントなのです。

柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるのでお肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするために大きく役だってくれます。ただ、食べ方には注意しましょう。紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線によって活性化し、紫外線への感受性を高めて、逆にシミの原因になることもあるそうです。

美肌効果をねらうのなら、みかんは夜食べることを心がけましょう。肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。保湿、美白成分をたっぷりと含むフェイスマスクでパックすると、シミの原因であるメラニン生成の抑制を働きかけ、肌がワントーン明るくなるでしょう。

思いがけなく日焼けした際にとりわけ効果的で、その日すぐにきちんとケアしたら、嫌なシミを予防することができます。顔にシミがあるだけで、見た目年齢を引き上げてしまいます。そもそもシミとは何なのかに着目すると、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。肌のターンオーバーを促進することでシミを目立たなくしやすいのですが、ピーリングによって古い角質を落とせば、その効果をいっそう実感できるはずです。

でも、ピーリングで角質を落としすぎるとかえってお肌にダメージを与えてしまうことになるでしょう。

美白成分といっても様々ですが、シミに対して効くのがプラセンタです。シミの原因のメラニンが新たにできることを防ぐという働きをしてくれます。

また、身体に素晴らしい作用をする成長分子を含んでいて、新しい細胞を作り出し、古い角質とともにシミにもさよならさせてくれます。

潤いの代表コラーゲンの生成をアップする効き目もあって、美肌ケアとしていいですね。

女性にとってこんな嬉しいことはありません。スキンケアといえばエステを利用する方もいらっしゃいますが、果たして効果があるかどうか疑問に思う方もいるでしょう。

プロの手によるハンドマッサージや高価な機器などを使用して気になる毛穴の汚れも根元からしっかり取って肌をしっとりさせます。

実際、エステでフェイシャルコースを利用した人の90%以上の人が肌の状態が生き生きしてきたと感じています。「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。この皮溝と呼ばれる線と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。よくいう「キメが整った肌」は皮丘大きさの違いがあまりなく整然とよく揃っています。

ところが、身体の表面を覆う表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを作ることになります。

手軽で効果も高いシワ対策といえばパックかもしれません。

一日の終わりのパックの時間は有意義な時間です。自家製パックを作ってみるのも、たまにはいいかもしれません。

市販のプレーンヨーグルトに固さを調節するための小麦粉を混ぜこみ肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみましょう。冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などの働きをします。

ですからシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

シワがどうしてできるのかというと、原因としてはまず、肌の乾燥がとにかく大きいそうです。部屋のエアコンの空気にさらされていたり運動時に流した汗が、肌の保湿成分も一緒に流してしまった時などは特に要注意です。

肌の乾燥を防ぎたいのなら、とにかく保湿を何度でも行なうようにすることが最も重要だと考えられています。そういう場合に便利なのがスプレータイプの化粧水です。

小さなものを持ち歩いて、思い立ったらひと吹きすると良いでしょう。それと、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。

関連記事 -Related article-

2016 潤い保湿で乾燥肌を防ぐ!10才若返るスキンケアの極意とは? All Rights Reserved.

Page Top